債務整理の知識一覧

債務整理とは

債務整理とは、借金問題などについて弁護士や司法書士に依頼すして債権者と交渉し、将来の利息の削減や払いすぎた利息の返還、借金自体の減額などを行うための手段の事です。返済不能になってしまったら、法律に準じて整理し、完済可能な道を模索しましょう。素人ではやり切れないと思うので、プロの弁護士に相談するべきだと思います。

任意整理とは

任意整理とは、滞っている返済が可能になるよう、司法書士や弁護士が債権者と話し合って合意を求める手続きのことです。これによって、分割回数を増やして月々の支払額を減らしたり、今後支払っていく返済金の利息の分を減額したりします。最も多く使われている債務整理の方法です。任意整理を利用できるのは、任意整理によって減額された後の残金を3年程度で返済できるめどがあり、継続して収入を得る見込みがあることが条件です。

過払い金請求とは

過払い金とは、「利息制限法(借入れの上限金利を定めた法律)」の利息で計算し直したときに(引き直し計算したときに)、借金がなくなってからも支払い続けていた分のお金のことをいいます。法律上、本来返す必要のないお金なので、貸金業者に返金を請求できます。貸金業者とのやり取りは,.信頼できるプロの弁護士さんに頼むのがベストです。

民事再生(個人再生)とは

民事再生(個人再生)とは、いくつかの条件が満たさされたとき、裁判所に申し立てて生活を再建することができる債務整理方法で、家を手放さずにすむなど、高価な財産を処分することなく行えるのが特長です。住宅ローンの返済に窮している場合は利用できません。民事再生を依頼するときには、訴訟代理権がある弁護士に依頼するのが得策のようです。

自己破産とは

自己破産とは、任意整理や民事再生の手続きをもってしても返済できないほどの額の借金がある場合、裁判所を通した手続きで、税金等を除く借金を全て帳消しにできる国が定めた債務整理の方法です。借金が全てなくなる分、他の債務整理方法と比べると条件は厳しくなっています。手続きを弁護士に依頼するとだいたい30万円ほどの費用がかかりますが、専門家による円滑な手続きと安心感には代えがたいものがあるでしょう。