弁護士事務所について一覧

債務整理における弁護士と司法書士の違い

弁護士と司法書士の違いと言えば、弁護士は法律に関する業務の全てを行い、司法書士の場合は法律でも定められた分野のみが業務範囲となります。弁護士の業務を補完するといった意味で、司法書士は重要な役割を担っているようです。債務整理では、債務額の合計が140万円までなら司法書士に依頼できて、費用は弁護士よりも格安ですみますが、債務額の合計が140万円以上の場合は、弁護士でなければ依頼できません。