債務整理とは

債務整理とは、合法的に借金を減らすための方法

債務整理について、私なりに調べたことを載せていってみます。

債務整理とは、借金問題などについて弁護士や司法書士に依頼すして債権者と交渉し、将来の利息の削減や払いすぎた利息の返還、借金自体の減額などを行うための手段の事です。

以下の4種類の総称を言います。負債額や収入の状態によって、どの方法を取っていくか検討することになりますが、最もよく利用されるのが任意整理だそうです。

  • 過払い金請求
  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産

いずれの方法も、法律的な立場から「合法的に借金を減らすための手段」と考えて良いようです。

自分が借金したことが元で返済不能になってしまったのに、その借金を減額したりカットしたりすることは一見申し訳ないように思うのですが、法的に行き過ぎた返済を整理することは、やはり必要なのです。

今後も「返済」は続けていくわけですから、法に準じた返済手段を求めるべきです。

そもそも、借金で首が回らなくなっている人は全く余裕のない状態なので、少しでも合法的に返済額が減ってくれたら、とてもありがたいと思うのが本音です。

過払い金返還請求

過払い金返還請求とは、債務整理によって、これまで貸金業者に払い過ぎていた利息を取り戻すことです。

払い過ぎていた利息とは、借入れの上限金利を定めた利息制限法の利息で支払額を計算し直し(引き直し計算)したときに、借金がなくなってからも支払い続けていたお金のことです。

法的に返す必要のないお金まで返済したことになるので、貸金業者に返還を請求できるわけです。

任意整理

任意整理とは、(弁護士や司法書士が)貸金業者と交渉して債務額の全体を削減したり、月々支払う返済額を減らして、現在の支払いより負担を軽くする手続きです。

弁護士や司法書士が代理人になって手続きを進めてくれることで、貸金業者からの直接の催促が止まります。目先のことを言えば、まずこれが一番助かります。

督促が止まって気持ちを落ち着けて、ようやく次の段取りを冷静に考えられるのではないでしょうか。もっとも、弁護士さんは最終的な段取りまで行なってくれますが。

ただし、任意整理にもデメリットはありますが、別ページで詳しく書いてみます。

個人再生

個人再生とは、裁判所を通じて債務を減額してもらう、債務整理手続のひとつです。

裁判所に申立書を提出するので、裁判の手続に必要な資料を集める手間はかかりますが、法律にのっとって借金を圧縮・減額するので、おおよそ任意整理よりも借金を(5分の1などに)減らすことができるようです。

自己破産

自己破産とは、裁判所を通じて財産を清算して、借金を免除してもらう手段です。

詳しく言うと、自己破産は「破産」手続きと「免責」手続きに分けられるようです。

処分できる財産を処分しても払いきれない借金が残ってしまった場合、それを免除してもらう手続きであることから、この2つの手続きはセットで行なわれるため、総称して「破産」と呼ぶのが一般的になっているようです。

自己破産にも当然デメリットはありますが、別ページで詳しく書いてみます。

どんな解決法があるか、名村法律事務所に相談してみる(相談のみOK)。
↓↓↓

シェアする