過払い金請求とは

過払い金とは

過払い金について、私なりに調べたことを書いてみます。

過払い金とは、「利息制限法(借入れの上限金利を定めた法律)」の利息で計算し直したときに(引き直し計算したときに)、借金がなくなってからも支払い続けていた分のお金のことをいいます。

これは法律上、本来返す必要のないお金なので、貸金業者に返金を請求できます

ただし、計算して過払いが生じていても、その貸金業者の経営状況によっては、過払い金が取り戻せない場合があることに注意しなければなりません。つまり、貸金業者の経営状態が悪くて、あなたに払い戻す原資がないなどの場合です。

なぜ過払い金が生まれるのか?

なぜ過払い金が生まれるのでしょうか。その秘密は、グレーゾーン金利にあります。

以前は、「貸金業法(消費者金融等の貸金業者や、貸金業者からの借入れについて定めた法律)」では、貸金業者は「出資法」で定める年利29.2%以内ならば、「利息制限法」の限界を超える利息を課してもいい、となっていたのです。

それで、多くの貸金業者は年利29.2%に近い、高い利息でお金を貸し付けていました。「利息制限法」の上限は超えるけど貸金業者が受け取れていた利息のことを、いわゆる「グレーゾーン金利」と呼びます。

貸金業者から「グレーゾーン金利」で借入れていた分を、改めて「利息制限法」の金利に引き直して計算すると、「過払い金があるかどうか」が分かります。

引き直し計算では、「利息制限法」の上限利息以上に支払っていた利息を、元金に当てていきます。元金に充当していくことで借金が減っていきますが、借金がなくなってからもなお支払い続けていたお金があれば、それが「過払い金」ということになります。

過払い金が発生する金利

過払い金が発生する具体的な金利条件は、どの程度なのでしょうか。

過払い金が発生するのは、利息制限法で定めた利率よりも高い利率で貸金取引をおこなっていた場合ですが、利息制限法で定めた利率は以下の通りです。

  • 10万円未満・・・20%
  • 10万円以上~100万円未満・・・18%
  • 100万円以上・・15%

例えば、100万円を15%で借りた場合には、利息は約12,500円/月になります。
20万円を18%で借りた場合には、利息は約3,000円/月になります。

また、平成21年以降は利率が利息制限法内の利率に下がっている場合もあるようですので、十分に確認が必要です。明確に取引内容を知りたい場合には、貸金業者から取引履歴の開示を行なうことができるようですが、やはり心理的に追い詰められているときに、そこまでのパワーや度胸は出ないと思います。

私は、貸金業者とのやり取りは信頼できるプロの弁護士さんに頼むのがベストだと思います。

私がお世話になった名村法律事務所はおすすめです。

過払い金には時効がある!

過払い金には、実は時効があります!
貸金業者との最後の取引から10年で、過払い金は時効となってしまいます!

時効は法律で定められたことなので、時効になった過払い金はもはや取り戻すことができません。

過払い金があるかもしれないのに時効になってしまったら、まさにやられ放題となってしまいます。

また、「取引の分断」があるかないかが、時効をめぐって争われることがあるそうです。

一度謝金を完済して、しばらく後に再度借金をした場合、「一連の取引」として扱うのか、二度にわたって「分断した取引」として扱うのかによって、後で取り戻せる過払い金の金額が変わってくるそうです。

過払い金返還請求のメリット・デメリット

過払い金返還請求のメリット

過払い金返還請求の一番のメリットは、借金が残っている人でも借金を支払う必要がなくなり、さらにお金が戻ってくる可能性があるということです。

既に借金を完済している場合は、信用情報に掲載されることもなく、払い過ぎたお金が戻ってくることです。

過払い金返還請求のデメリット

借金の返済の途中で過払い金返還請求をした場合、一時的に信用情報に登録されてブラックリストに載る可能性があることです。

過払い金を取り戻せるかどうか、名村法律事務所に相談してみる(相談のみOK)
↓↓↓

シェアする